English
english
Spanish
spanish
Deutsch
deutsch
РУССКИЙ
русский
FRANCAIS
francais
ITALIANO
italiano
ČESKY
česky
 
 
車の運転と眼の関係
ドライバーは、安全運転を脅かす要素となる 注意散漫に絶えず「晒されて」います。そのうえ、刻々と変化する道路状況や天候 で、運転はさらに難しくなります。理想的な 条件で運転できることは少なく、疲れている とか、ベストな気分ではないときもありま す。肉体的な問題や年齢により運転時の反応 が遅くなる人も多いのです。こういった条件 が重なると、なんら問題ないと思われる状況 であっても運転は極めて複雑な行為になっ てしまいます。目的地に安全に到着できただ けでもよかったと思えることさえあります。 運転中は、さまざまな刺激に対処する能力の 限界に挑んでいるわけで、この限界を超えて しまうと事故の危険が非常に高くなるので す。運転のさまざまな問題に対処するために 最も活用される機能が視力ですが、視力も運 転中は極限まで酷使されます。運転時に目が 捉えた事象を処理し反応するまでにおよそ 0.25 秒かかりますが、仮に時速60 マイル(約 96 キロ)で車を運転している場合、0.25 秒 は22 フィート(およそ7 メートル)の走行 距離に相当するのです!安全に運転するた めには、視力が必要なことは明白です。視力 にとって最も一般的かつ危険な要素は、ギラ ツキです。



このギラツキの原因となるのは、道路やボン ネットやダッシュボードを始めとする多数 の滑らかな表面や自動車前部の光沢クロム メッキからの、強烈な日光の反射です。この ような状況は、早朝や夕方など太陽の位置が 低く、通勤のピークに当たる時間帯が特に危 険です。偏光レンズは、このような状況での 事故を回避する最善の方法です。明るい太陽 の光とギラツキが運転中の視力に対する最 も明白な危険要素である一方、薄明りで光が 少なく、時には荒れ模様といった、全く逆の 状況で運転するときもあります。そういう状況では、少ない光を生かせるように、できる だけ薄い色で、高コントラストのレンズが必 要です。ただ、薄明かりの時でもやはり偏光 機能で目を保護することは重要です。ギラツ キ(特に路面のギラツキ)は予期せずどんなと きにも発生しますが、目が薄明かりになれて しまっていると瞬時に対応できないからで す。DRIVEWEAR は、運転に特化して開発 された唯一のレンズです。常に偏光機能が使 え、光の変化に合わせて薄い色から濃い色に 変わるDRIVEWEAR は、究極の運転用アイ ウエアです。
GLARE THROUGH WINDSHIELD

ギラツキが視認性に及ぼす影響
林道を走行中のビデオで、どのドライバーで も経験のある状況を紹介しています。光がダ ッシュボードに反射すると、フロントガラス 全体がギラツキで覆われてしまいます。この ような瞬間に事故が発生する危険性が最も 高くなります。
車の運転と眼の関係
運転中の人間の感覚にどんな影響があるの かを詳しくご覧ください。
DRIVEWEAR 製品の詳細情報
DRIVEWEAR レンズの機能と利点をご紹介 します。
DRIVEWEAR の誕生
古代から現在までのレンズの進化をご紹介 します。
 
ホーム | サイトマップ | このページを印刷 | ページトップへ戻る | HTML バージョン | 法的情報
Site Design Copyright Younger Optics